理系留学 Research Experience 1

March 8, 2018

|

 理系留学生には残念な内容になると思います。

アメリカの大学では日本の大学での卒論のように教授の監督下で実験を行えるようにプラグラムが組まれていません。従ってresearch experienceをdevelopしたい場合、原則在学中に自主的に動いて見つけなければなりません。前回の記事(こちら)でお伝えしたように、アメリカでの就職/進学を視野に入れる場合、research experienceは理系学部生にとって卒業までに取り組むべき最重要の課外活動です。しかし、これはアメリカ人学生にとっても同様です。結果として大多数の理系の学部生がresearch experienceを必要とする状況になります。しかし、教授の数に対して学生の数の方が圧倒的に多いだけでなく、教授は大学院生の研究指導をしなければならない為、学部生及び高校生の研究指導を快く行ってくださる方は非常に少ないです。教授にとって個人的に学部生/高校生を指導するのは原則業務外です。新規生徒を引き受ける場合、教授は時間やお金をよりかけなければなりません。私も実験室に所属したての頃は、何を手伝っているか理解できないだけでなく、例えばplasmid extractしてね!と言われても何をすべきか理解できませんでした。笑

学部生/高校生の実験の監督を行えば、当然実験の手法を教えなければいけませんし、実際実験を行えば当たり前ですが余分な費用が発生します。これらの理由により、ハードな授業履修に加えて、コネのない留学生が卒業までに research experienceをdevelopことは、原則非常に骨の折れる作業になると思います。

運良く教授の研究所に所属できても、すぐに実験をやらせてくれることは絶対にありえません。自分で研究に取り組む為に多くの場合所属先の研究所でボランティアを行うことになるでしょう。私の場合約半年から1年ハエ/癌細胞の世話や(誰もやりたがらない休みの期間もケアが必要なのでかなり重労働です)、大学院生/研究者の実験の手伝いを行いました。したがって、resaerch experienceを必要とする方は遅くとも2年生中には所属先を見つけられるように自主的に動くことが肝要です。次回はより具体的にどのように見つけ、何をすべきかを書きます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

GMAT/GREのMath対策に関してになります。特にMBA受験に関するMathの重要性はこちらでお話をさせて頂きました。SAT Mathが大きく足を引っ張る方は少数ですので、主にGMAT/GRE受験対象者になりますが、本当は数学を勉強される全ての方に読んで頂けたらなぁ、思います。

GMAT/GREの...

GMAT/GRE Math対策: Mathを勉強するということ #1

April 5, 2019

1/5
Please reload

Recent Posts

November 24, 2019

October 7, 2018

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アクセス:水道橋駅 徒歩3分、神保町駅 徒歩6分、九段下駅 徒歩8分

​受付時間:月-土10am-9pm

GatorWay Online Salon:  https://gatorway-online-salon.site/

GatorWay Blog: https://gatorway.site/

 

 All Rights Reserved by GatorWay.